ロルフィング®と各種徒手療法 JR渋谷駅東口から徒歩8分

施術者プロフィール

  • HOME »
  • 施術者プロフィール

施術者プロフィール

中村 真之介
(Shinnosuke Nakamura)

【資格】
特定非営利活動法人 日本ロルフィング協会 会員
The Rolf Institute(米国ロルフ研究所) 認定ロルファー(Certified Rolfer)
The Rolf Institute(米国ロルフ研究所) 認定アドバンストロルファー(Certified Advanced Rolfer)
The Rolf Institute(米国ロルフ研究所) 認定ロルフムーブメント プラクティショナー(Certified Rolf Movement Practitioner)
マニュアルメディスン研究会 正会員

【講師活動】
朝日カルチャーセンター新宿校 講師
三越カルチャーサロン 講師
SPORTEC 2015 講師

【そのほか】
1977年生まれ
東北大学文学部卒
中学校一種教諭免許(英語)
高等学校一種教諭免許(英語)

 

トレーニング・ワークショップ受講履歴

ロルファー養成トレーニング

2005年7月  ロルファー養成トレーニング Unit1修了
講師:Cornelia Rossi & Micheal Murphy
マオファシャル・リリース・プラクティショナー(Myofascial Release Practitioner)として認定される。

2006年2月  ロルファー養成トレーニング Unit2修了
講師:Jane Harrington & Ellen Prensnell

2006年8月  ロルファー養成トレーニング Unit3修了
講師:Ray McCall & Kevin McCoy & Micheal Murphy
ロルファー(Certified Rolfer)として認定される。

ロルフムーブメントプラクティショナー養成トレーニング

2007年10月 ロルフムーブメントプラクティショナー養成トレーニング修了
講師:Carol Agneessens & Hiroyoshi Tahata
ロルフムーブメント プラクティショナー(Certified Rolf Movement Practitioner)として認定される。

アドバンストロルファー養成トレーニング

2015年10月 アドバンストロルファー養成トレーニング Phase1 修了
講師:Ray McCall & Carol Agneessens & Hiroyoshi Tahata

2016年3月 アドバンストロルファー養成トレーニング Phase2 修了
講師:Ray McCall & Carol Agneessens & Hiroyoshi Tahata
アドバンストロルファー(Certified Advanced Rolfer)として認定される。

 

The Rolf Institute 認定ワークショップ

2006年8月 Fascial Layers, Embryology and the Nervous System
講師:Kevin McCoy

2009年1月 Rolfing and Trauma
講師:Lael keen

2011年3月 The way with the spine
講師:Ashuan Seow

2011年5月 Touching into Trauma
講師:Yuri Zelez

2014年9月 Biodynamic Approaches to Craniosacral Therapy Level 1
A Biodynamic Orientation to Cranio-sacral Therapy: an introduction
講師:Carol A. Agneessesns

2014年9月 Seven Diaphragms and the Bow-String
The Interrelationship Between Verticality and Horizontal Support
講師:Carol A. Agneessesns

2014年9月 Biodynamic Approaches to Craniosacral Therapy Level 2
Engaging the Visceral Cranium: portal of language and self-expression
講師:Carol A. Agneessesns

 

ロルファーへの道のり

ロルフィング®と出会うまで

きっかけは、大学時代のどうしようもない首の痛みでした。

当時、私は、数年続けていた合気道の道場で、指導を担当させていただいていました。対象は、2歳のお子さんから70代に近いご年配の方まで、運動経験も様々な方たちです。

今、当時の技術・経験で指導させていただいたことを思うと、文字通り赤面の至りですが、周囲の方々のありがたい理解と協力を得て、本当に楽しく充実した体験をさせていただきました。

支部長の先生から「プロにならないか?」とお声がけもいただき、その時は悩んで、結局辞退させていただきましたが、その時に自分の適性や将来を見つめる時間があったから、後日教師、そしてロルファーを志すことになったと思っています。

そんなある日、稽古で首を痛め、それから毎日頭痛と吐き気に悩まされるようになりました。ネクタイをゆるく締めるだけでも気分が悪くなる、といった状態です。

その時は仙台に住んでおり、周辺で評判が良い医療機関や治療院があると聞けば、すぐに足を運んで、ずいぶんいろいろな処置や治療などを受けました。
しかし、全くと言っていいほど改善されず、相変わらず症状に悩まされる日がしばらく続きます。

ロルフィング®との出会い

2004年の夏のある日、部屋を整理していて、雑誌記事のロルフィング®のスクラップが目に留まりました。

「局所的治療ではなく全身を統合する」、「しなやかな軸」、「コアの活性化」などの言葉が、「なにがなんでも首の痛みを解消しなければ」という脅迫観念の中でもがいていたその時の私にとっては、本当に必要な答えをもらったような気がしたのを覚えています。

ロルフィング®を受ける

一度受けると決めてからは、すぐに行動を起こしました。仙台から東京まで高速バスで通って、ロルフィング®10シリーズを一通り受け終えました。
そのようなスケジュール上、施術者の方に無理にお願いして、1週間に3回施術を受けたことがあります。
(当然のことながら、身体への負担が大きすぎて、施術を受けた日の翌朝は起きられなかったりしましたので、おすすめできるペースではありません)。

シリーズが進むにつれて、全身が均質化しながら中心軸が育っていく感覚に感動するうち、以前は一日中頭の中を占めていた首の痛みが、いつからか気にならなくなっていたということに後から気づいて、愕然としました。

ロルファーの道へ

10シリーズの4回目だったと思いますが、施術されているときにふと、「ロルフィング®を仕事にしてみませんか?」と声をかけていただきました。
自分自身の不調以外にも、身体については以前から興味があったので、施術の前後や施術中に、いろいろと質問したり、施術で感じた変化を興奮気味に伝えてはいました。

それまでは、自分の仕事にするという選択については考えたこともありませんでしたが、その時は短いやりとりをして、自分でも意外なほどあっさり、はっきりと、「はい」と答えていました。

ロルファー養成トレーニングに参加する

ちょうど運のいいことに、その翌年の2005年から、日本で2回目となるロルファー養成トレーニングが開催されることを知りました。

いざ参加を申し込むという段階になって、やはり不安も出てきましたが、家族や友人たちの理解と支えのおかげで決意を固め、トレーニングに参加することができました。

ロルファー養成トレーニングを受ける

ロルファー養成トレーニングは、UNIT1、2、3の3段階に分かれています。

UNIT1は、解剖学・運動学・生理学、クライアントとロルファーの安全な関係性などについての座学、そして筋膜を整える技術(マオファシャル・リリース)を学びました。

UNIT2では、UNIT1の内容を「レシピ」と呼ばれる「ロルフィング®10シリーズ」について、実際に生徒同士でお互いに施術し合いながら、理解を深めます。

UNIT3は、実際に外部から招いたモデルクライアント2名に対して、生徒が10シリーズを行います。この時はかなり緊張しましたが、ここにきてようやく実際にロルファーと同じことができるので、本当に嬉しかったです。
生徒同士で、お互いに「ポスト10シリーズ」の施術も行いました。

UNIT3を終えて、同時にインストラクターから認定を受けたのが2006年8月で、ロルフィング®に出会ってから、ちょうど2年目の夏でした。

国分寺でロルフィング®の施術を始める

その後、同期のロルファーからワークルームシェアの提案を受け、その年の9月から国分寺でロルフィング®のワークルームを共同でオープンし、ロルファーとして活動を開始することになりました。

国分寺では、都内だけでなく、千葉県、神奈川県、埼玉県、山梨県からと、幸いにも一年目からたくさんの方をお迎えして、ロルファーになって良かった(首の痛みに悩んだかいがあった)という思いを日々噛みしめる、本当に幸せな日々でした。

翌年の2007年10月には、ロルフムーブメント・プラクティショナー養成トレーニングを修了し、ロルフムーブメント・プラクティショナー(施術者)に認定されています。

渋谷へ移転

国分寺でのワークルームをちょうど2年で閉じることになり、個人で活動するためにしばらく都内であちこち見て回り、最終的に現在のワークルームに落ち着きました。
それが2008年9月のことで、2015年9月現在で渋谷では7年目になります。

渋谷に移転してから、より幅広い地域や年齢層の方がいらしてくれるようになりました。
遠くは北海道から鹿児島県、年齢は6ヶ月から97歳です。

ロルファーとしての現在

現在では、ロルフィング®とロルフムーブメントのほか、主に下記のセラピー・療法を学びながら、必要に応じて施術に取り入れています。

  • 自己治癒力を高める、自律神経のバランスをとる: 「オステオパシー」、「古式整体」、「クラニオセイクラルワーク(頭蓋仙骨療法)」、「内臓マニピュレーション」
  • 許容量を超えるストレスにより起こる、凍りつき反応を解放する: 「ソマティックエクスペリエンシング」
  • 人の内部環境と外部環境のバランスをとる: 「東洋医学」
  • 自分の身体への気づきによって、姿勢と動きを変える: 「フェルデンクライス」、「フランクリンメソッド」

どうぞお気軽にご相談・お問い合わせください。 TEL 03-3407-3237 受付時間 9:00~21:00(平日・土日祝日)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

受付時間・アクセス

受付時間
03-3407-3237
9:00~21:00
(平日・土日祝日)

 

アクセス
JR渋谷駅東口より徒歩8分

休業日・ワークショップ開催日

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8人の購読者に加わりましょう

Twitter

PAGETOP
Copyright © ロルフィング® 渋谷 表参道 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.