「咽喉の地」という言葉をご存知でしょうか?
ことわざで、「きわめて重要な場所」のことをいうのだそうです(「咽喉」とはノドのこと)。

ノドは、生きるのに必要な空気と食物が出入りする通り道なので、もちろん生理学的に重要な場所ですが、同時に姿勢や動作などの運動学の面でも非常に大切なポイントです。
猫背といわれるような、姿勢が崩れている方々、片脚で立つことがほとんどできない方々を見ていて、どこにその原因があるか探っていくと、ノドの緊張に行き着くことも多いのです。

(余談ですが、ノドの緊張は、「言いたくても言えない」、「言いたくなくても言わなければいけない」といった、対人コミュニケーション場面のフラストレーションの影響も強く受けているように思います)

ここでいうノドの緊張とは、ノドの奥にある「舌」の土台になっている「骨」、「舌骨」が周りの筋肉や筋膜によって動きにくくなっている状態のことです。

【内容】
今回のワークショップでは、この「舌骨」が主役になります。
舌骨は、上半身の筋肉の「インターチェンジ」であり、全身のバランスの「要石」でもあります。
ペアまたはセルフで行う簡単なワークで、舌骨の上下、前後、左右のバランスがとれ、全身にかすかなゆらぎが生まれることで、逆に身体はしっかりと安定するようになります。

・首や肩がゆるんで、リラックスする
・胸が開いて、らくに背すじが伸びる
・ノドが広くなり、呼吸が深くなる
・声がクリアになり、聞き取りやすくなる
・重心が下にさがり、内側に集まって、身体が安定する

ちょっとしたイメージを使って、ただ触れたり、注意を向けたりしているだけで、緊張はゆるみ、姿勢と動作が変わっていきます。
「おみやげ」として持って帰っていただけるように、セルフケアの方法もお伝えします。

【日程】 2013年6月23日(日)17:30~19:30  ※17:20開場
【会場】 渋谷ワークルーム(詳細はお申込み後にお知らせします)
渋谷駅東口もしくは地下鉄・東横線16番出口から徒歩7分
【定員】 4名(現在、空きは残り2名です)
【参加費】 3,000円 ※ 2名以上同時申し込みの場合は、お一人につき500円割引
【持ちもの】 横になれる、しめつけのない服装
【お申込方法】前日20時までに電話、E-mail、メールフォームでお願いします。
ご質問やお問い合わせもお気軽にどうぞ。
電話: 080-6599-8008
E-mail: info@sky-ground.jp
メールフォーム(SSL対応): https://mailform.mface.jp/frms/rolfershin/64xzzr91pyol
(メールには、お名前のほか、当日の連絡先電話番号をお知らせ下さい)

当日は、参加者の方々のリクエストをできるだけ聞きながら、ゆっくり進めていきますので、
「身体をテーマにしたワークショップに参加するのは初めてで不安…」という方でも、どうぞお気軽にご参加下さい。