今回はワークショップ開催のお知らせです。

「リラクゼーションパス 整体院」の山本先生の主催で、2月16日(土)17:15~東松山市でワークショップの講師をさせていただきます。今回は同じくロルファーの藤本靖さんのご協力で、W講師が実現しました。

参加者の方たちに、日々の生活の中で、自分で自分の身体をケアし、より快適にしていくためのツールに「気づき」を加えていただく、というのが今回のテーマです。

「気づく」、「感じる」ということは漠然としていて難しいと思われがちですが、一人一人が自分なりにそれにアクセスできるようなコツを、楽しくお伝えしていきたいと思います。
私に直接お尋ねになりたいことがあれば、お気軽にご連絡いただければと思います。

 

●ロルフィングワークショップ -「気づき」で身体をゆるめる、つなげる●
By「ココロとカラダの学びの場」
「自分の身体をより良くするために、あなたは何をしていますか?」
と聞かれたら、なんと答えますか?
筋トレをする、ストレッチをする、マッサージを受ける、食事・睡眠に気をつける、といったことを答える方が多いのではないかと思います。

ロルフィングでは、身体を手技で整えて、その人の姿勢や動作をより良い、本来の状態へと変えていきますが、そのためにはどうしても不可欠なのものがあります。
それが、ご本人の「自分の身体への気づき」です。
いくら身体をゆるめて整えてもらっても、自分の身体に無自覚なら、いつもの偏った姿勢や動作を続け、またもとの状態に戻ってしまいます。
逆に、今、自分の身体がどうなっているかに気づければ、それだけでも身体はより良いバランスに自然と収まり、より全身を使って動けるようになり、その結果、普段ため込んでいる余計な緊張を手放すこともできるのです。

このワークショップでは、2人のロルファー(ロルフィングの施術者)が「筋膜」と「目鼻口耳」をキーワードに、
いろいろなセルフワークとペアワークを提供していきます。
楽しみながら、ご自分の「気づき」によって身体をゆるめ、開き、つなげる体験をしていただくのが目的です。
時間をかけて丁寧に説明しますので、ふだんめったに身体を動かさないという方、運動経験がほとんどないという方も、
どうぞお気軽にご参加下さい。
当日会場でお会いするのを楽しみにしています。
※当WSは、ロルフィングの施術の養成・指導を行うものではございません。
※当WSは、治療行為ではございません。痛みやご病気がある場合はワーク前にご相談ください。
■ 詳細 ■
■ 講師:中村真之介、藤本靖
■ 日時:2013年2月16日(土) 17:15~20:15(17:00より受付)
■ 場所:東松山市内にて お申し込み下さった方にご連絡いたします。
■ 定員:25名(最少開催人数5名)
■ 持ち物:動きやすい服装、飲み物、汗を拭くタオルなど。
■ 参加費:4,000円
■ 希望者のみで、WS終了後に懇親会(会費約3,000円)を行います。

■ 講師プロフィール
●中村真之介
2006年米国Rolf Institute®ロルファー認定、2007年同ロルフムーブメントプラクティショナー認定。東京・澁谷を中心に活動中。学生時代、武道の稽古で身体を酷使して痛め、ロルフィングに出会う。ロルフィングの全人的な統合というテーマに共感し、学校教育から身体教育の道へ。クライアント自身の気づきにより、自分で内側から身体を変えていくことの素晴らしさに日々触れながら、その価値を一人でも多くの方に体感してもらうことが目標。

●藤本靖
米国Rolf Institute®認定ロルファー。
大学院(東京大学大学院身体教育学研究室)で、ヒトの脳のシステム、心と身体の関係性について科学的な研究を行う。
またクラシックバレエを始めとする様々な身体訓練法を経験し、ロルフィングのシステムのなかで理論と実践を融合させ、独自の身体論を展開している。
著書に『身体のホームポジション』(BABジャパン)、
『「疲れない身体」をいっきに手に入れる本』(さくら舎)など。

■ お申込みは、下記の情報を添えて、「ココロとカラダの学びの場」担当の山本先生にメールをお送り下さい。どうぞよろしくお願い致します。

・お名前
・携帯電話番号
・懇親会の参加or不参加
・初めて当会にご参加の方は、運動暦・武道経験などをご記入の上、件名を「2月16日WS」として cocorotokarada@hotmail.co.jp にメールをお送りください。
ご不明な点があれば、お気軽に上記アドレスへお問い合わせください。