今回も、来週末開催のロルフィングワークショップのお知らせです。

 

当日は、「手からコア」のパートを私が、「足からコア」のパートを安田さんが担当します。そして、最後に「手と足それぞれからコア」へとつなげていきます。

 

人の手と足は、見た目も機能もずいぶん違いますが、四足動物だった頃の名残があり、共通点も多いです。
この共通点が、体幹に眠っている可能性を引き出すために注目すべきポイントになります。

 

また同時に、人は手と足はそれぞれの役割が違うため、それらがバランスを崩す原因も、その結果身体にどんな不調が起こるかも異なります。
手のパートでは、主にデスクワークやスマートホンの使用によって、手から起こりうる身体の問題も取り上げます。
そして、それらに自分でどう対処できるかも、あわせてご紹介していきます。

 

実際のワークは、おそらく拍子抜けされるくらい、シンプルです。
ちょっとした刺激で、ふだんより少し丁寧に身体に意識を向けることで、身体のコアがひらき、活性化されるのに驚かれると思います。

 

現在も参加を募集中ですので、皆さまぜひふるってご参加ください。

 

 

※ 以下、前回の記事の再掲です。

「手と足は、外の環境と情報のやりとりをする『窓』です。
手足の感覚がひらくと、コア(身体の中心)もひらき、身体が自然と安定します。…」(告知サイト案内文より)

 

今回は、ロルファー・理学療法士の安田真規さんとのダブル講師です。
昨年から2人で打ち合わせを繰り返し、できるだけ誰でもできるシンプルなワークで、手足から体幹へのしなやかで力強いつながりを引き出せないか、試行錯誤してきました。

 

手足が動くから体幹が動く、手足の位置が決まるから体幹の軸が立つ、という体験が、努力や反復練習ではなく、身体への気づきによって、結果的にできるような内容になっています。

 

詳細は下記のリンクをご覧ください。
身体のワークショップの経験が少ない方も、大歓迎です。

 

ロルフィングワークショップ 「手と足からひらくコア」

日時:2014年2月8日(土)13:30~16:30
会場:埼玉県東松山市内(新宿から最寄駅まで:電車で約1時間)
定員:20名(最小開催人数8名)
参加費:4,000円
持ち物:筆記用具、タオル
(その他の詳細は、告知サイトをご覧ください)
http://manabinoba.exblog.jp/20208970/