10/10(土)の「目の日」に、朝日カルチャーセンター新宿校で目をテーマにした講座を行います。
目の緊張が解放されると、顔の表情筋や体幹部の筋肉が自然に活性化します。
根深い肩コリや、呼吸の浅さも改善しますので、デスクワーカーにもオススメです。
(実は、メンタルの「悩み癖」からも解放されます)
動きにくくなった目に対しては、「目以外の」場所を動かして刺激するというのが、らくな状態を持続・定着させるためのポイントです。
そのほか、コアの機能にダイレクトに影響する、舌の緊張、骨盤底の緊張を解放するペアワークとセルフワークもご紹介します。
今回からの受講も可能です。
どうぞお気軽にご参加くださいm(_ _)m

 

 

10月10日(土) 朝日カルチャーセンター新宿校「ロルフィング(R)で開く身体の窓 2」

asahiculture

10/10

【開催日時】
2015/10/10(土)13:30 ~ 15:30
【参加資格】
どなたでも
【内容】
身体には、手、足、顔、骨盤底という6つの「窓」があります。
人は本来、この「窓」から世界を見ています。

これらの「窓」は、とても敏感です。
身体の中から外からストレスが加わると、簡単に閉じてしまいます。
「窓」が閉じると、身体の中心であるコアも眠ってしまいます。
呼吸は浅くなり、疲れやすくなります。動きは力任せで、ぎこちなくなります。
ちょっとしたストレスにも過敏になり、一日中緊張して過ごすようになります。
しかし、閉じた「窓」は、ちょっとしたコツを使って触わると、再び開かれます。

「窓」が開くと、コアも活性化します。
すると、身体が安定するだけでなく、自分の存在をはっきり感じることができます。
結果として、呼吸がらくになり、のびのびと気持ちよく動けるようになります。
落ち着いて、柔軟に人や物事に対応できるようになります。

この講座では、そのちょっとしたコツを、わかりやすく丁寧にお伝えします。
身体に関する講座が初めての方でも、お気軽にご参加ください。
【会場】
朝日カルチャーセンター 新宿校
【受講料】
会員 3,780円
一般 4,428円
【お申込】
https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/beabbb5c-810b-b6ca-ccfe-55c03ccaa11d